ワイドパンツの夏コーデって、下半身デブが強調されちゃうのでは?

 

流行のワイドパンツできめたいけど、下半身太めが強調されそうで敬遠している人、多いですね。

 

ちょっとしたコーデのコツさえつかめば、安心してトレンドアイテムを着こなせます。

 

トップスとボトムのメリハリをつけることと、配色に気をつければ大丈夫です。

 

ワイドパンツをはく時には、白と黒、淡色と締め色など、トップスとボトムの配色に強弱をつけるようにします。

 

レース素材のホワイトワイドパンツには、黒のトップスを合わせてモノトーン配色にします。ボトムが白でも膨張することなく、引き締まったスタイルになります。モノトーンの気やせ効果は絶大です。

 

夏の黒に抵抗がある時には、オフショルダートップスを選ぶと、肌見せもできて軽快な着こなしになります。

 

ウエスト部分にスカーフを巻いて、ウエストマークすると、美しいくびれが強調されます。

 

ペールピンクのワイドパンツには、辛口カーキのニットトップスで、甘辛コーデにします。

 

甘めなシュガーピンクをハンサムカラーのカーキ色で、ほどよくおさえます。

 

上半身を引き締めると、下半身も相乗効果で細く見えます。

 

水色シフォンのワイドパンツに、小花柄のオフショルダーでガーリーにきめたら、発色のいいイエローカーディガンを肩掛けにします。

 

着こなしにインパクトを与えて、メリハリをつけます。目線を上にもっていくカーデの肩がけテクは、気やせ効果も期待できます。